コスモウォーターのサーバー到着

ウォーターサーバー到着

予定通りの日(申込日から8日目)に、ウォーターサーバーが到着しました!

 

宅配便利用の宅配水業者の場合、ウォーターサーバーは玄関口までしか配送されず、そこから先の移動や荷解きは、自分でやらないといけないという話もよく聞きますが、コスモウォーターの場合は「ヤマトホームコンビニエンス」(クロネコヤマトのグループ企業)という会社にサーバーの配送を委託しているので、ウォーターサーバーをダンボールから出して、希望の部屋の希望の場所まで持ってきてくれます。

 

らく楽サーバー全景

 

水ボトルの設置とかまではやってくれませんでした。ここから先は自分でやることに。

 

 

水ボトルはサーバーよりも早くに(といっても同じ日の午前中に)普通の宅急便で到着してました。
私は申し込みの際に、「後でクレジットカード情報を書面で出す」ことを選択しましたので、初回分の水ボトルの料金は代引で支払が必要でした(手数料はかかりません)。ちなみに、申込フォームからクレジットカード情報を直接入力することもできます。そうしていれば水ボトル到着時に代金の支払は不要(後ほどカードから引き落とし)です。

 

水ボトル到着時

 

写真はボトル2本分です。水ボトルは2本単位での注文・配送になります。

 

さて、いよいよ水ボトルを設置します。

 

水ボトル開梱

 

上の写真は梱包を開けて水ボトルの本体が見えたところ。
上から引っこ抜こうとするとやはり重くて難しいです。
なので、箱ごと倒して、横にひっぱって出しました。

 

 

コスモウォーターのウォーターサーバーは、いくつかのタイプから選択できますが、
私は「らく楽スタイルウォーターサーバーSMART」というサーバーを選びました。

 

カラーやデザインが一番いいし、何といっても水ボトルを上ではなく一番したにセットできるので、重いメをしてボトルを持ち上げる必要がないからです。
もちろん、これもレンタル料金は無料です(但し、解約金が発生する期間が長くなります)。

 

らく楽サーバーの下の扉をあけるとこんな感じ。
前後に動くトレーの上に取っ手のついたカゴが乗っています。

 

水ボトル設置場所オープン

 

トレーを引き出し、カゴを下ろしたところ。

 

ボトルホルダー

 

トレーの3つの穴は、カゴの3つの出っ張りと対応していて、ズレないようになっています。
上の写真で、カゴの左側(サーバーの奥側)に突き出た部分がありますが、ここに水ボトルの口の部分が当たるようになってます。

 

カゴを一旦を立てて、水ボトルの側面にあわせるようにハメこみ、その後カゴとボトルを一緒に倒せば、うまいことボトルがカゴに乗っかります。

 

ボトルをカゴにセット

 

ボトルの口にはキャップシールが張ってあるので、これをはがします。
このキャップシールは30枚集めて台紙に張ると無料で1本ボトルがもらえますので、絶対捨てないように。

 

キャップシール

 

 

カゴの取っ手をもち、トレイにのせて(戻して)押し込めばボトルのセットが完了ですが、
その前に...
初めてボトルをセットする時は(つまり今ですが)、サーバー側の「突き刺し棒のキャップ」を外さないといけません。

 

これは、ボトルを押し込んだときにあたる位置に「突き刺し棒」というのがあって、それがボトルキャップの穴に突き刺さり、水が出る仕組みになっています。
最初はこの部分に黄色いキャップがかぶせてあるので、それを取っておく必要があるんですね。
この点について説明した目立つ色のフライヤー(ビラ)が取扱説明書と一緒に入っているので、まあ見逃すことはないでしょう。

 

突き刺し棒キャップ

 

 

ここまで出来たらコンセントに電源プラグを挿します。